BLOG

Gaycationellenpage-yukikeiser-iandaniel2

Gaycation by Ellen Page エレン・ペイジの通訳&番組アドバイザーを務めました

March 2, 2016

みなさま、こんにちは。 ご無沙汰していますが、その後いかがお過しでしょうか。インスタグラム などで交流している方はいますが、ブログは大変久しぶりの更新です。 以前、TokyoWrestling.comでもご報告しましたが、2013年末に渡米し、3年半の遠距離恋愛を行っていた恋人と結婚をし、配偶者ビザを取得して現在カリフォルニアで妻と暮らしています。2014年には、サンフランシスコのライフスタイル・スタイリングの会社で修行し、2015年に独立、仕事としてはビジネス通訳やライター、コンサルタント等をしていました。昨年は日本やヨーロッパへの出張が大変多く、その半分はアメリカを離れていたため、海外でのお仕事の一部のみキープして、本年からは本格的にアメリカを拠点に新しいビジネスを始めることにしました。 近年、ドロップボックスやツイッター、インスタグラムなど、大手IT企業の大半がサンフランシスコに本社を構えるようになり、現在同街ではITバブルが発生しています。したがって現在、そういったIT企業の人たちに、日本語のコンサルティングとコーチングのビジネスを始めました。日本にはあまりない新しいタイプのお仕事ですので説明しにくいのですが、大まかには、ライフスタイル・スタイリングの、日本語バージョンのようなお仕事です。 サンフランシスコのIT企業に勤めている人たちの中には、お仕事で日本語を使う人が多く、また、日本への熱烈なファンが多いため、そういった方達に、日本で今流行っているトレンドや話題、文化、マストアイテムなど、全体的に日本のライフスタイルについてのコンサルティングを行っています。 これまで培った日本のメディアやファッションブランドのPR等の経験を活かし、アメリカ人に日本の魅力や情報、トレンドを発信する、やりがいのあるお仕事で嬉しく思っています! そしてさらに、お知らせが一つあります。昨年の1月、映画『ジュノ』や『インセプション』等の女優エレン・ペイジが、日本のLGBTシーンを取材して番組を撮るため、2週間ほど来日しました。その際、私がエレンとその親友で同じくホストを務めるイアン・ダニエルの通訳兼番組のアドバイザーとして起用されました。滞在中彼らと過ごしましたが、とても純粋で心の美しい人たちでした。エレンは、ディレクターに言われるまま質問をするのではなく、インタビューをするLGBTたちに常に向き合って配慮を示して、センセーショナルにならないよう、真摯な姿勢で終始番組に関わっているその姿が印象的でした。つい最近カミングアウトしたエレンにとって単なる仕事ではなく、個人的にも関わっていることが良く伝わりました。 また、漫画を見に行くシーンがあるのですが、私が大の漫画好きというお話しをしていたので、急遽案内を依頼され、番組にもちょこっと登場しています。BL漫画を朗読してみたり、3人とも笑っちゃって楽しい一時でした(笑)。 同番組は、アメリカのメディア『VICE』の新しいTVチャンネルが放送する、世界のLGBTシーン4つを、エレン・ペイジとイアン・ダニエルが取材しに行くといったコンセプトの番組で、その名は、『GAYCATION』。二人は他にもブラジルやジャマイカ、北アメリカも取材をしています。セクシュアリティを問わず、オススメの番組です。 記念すべき第一号は3月2日VICEのTVチャンネルで放送予定ですが、インターネットでもすでに観られます↓